ロクシタンシアリップバームはやっぱりすごい!

ロクシタンシアリップバームはやっぱりすごい!

知人が仕事でヨーロッパに行ったとのことで、お土産にロクシタンのシアリップバームをもらいました。ロクシタンというとハンドクリームのイメージが強かったのですが、リップケア用品もあるんですね。今日はそれを使用した感想と唇のお手入れについて、まとめてみたいと思います。

 

■シアリップバームを使った感想

 

指で軽くチューブをつまむと、「ちゅるっ」とリップバームが出てきます。バームというだけあってクリーム状ではなく、水気が多い感じの素材です。唇にフィットするように、あてる部分が斜めになっているのがうれしい工夫ですね。

 

つけた後に気がついたのですが、柔らかい甘みの香りがします。でも、呼吸をしたときに口いっぱいにその香りが広がって気持ち悪い、といった感じはありませんでした。つけ心地も全くべたべたせず、良い感じです。唇がもちもちする、と言えば伝わるでしょうか?

 

私はこのリップバームを下地代わりにして、口紅を塗りました。驚くべきことに、普段より口紅の持ちが良かったです!いつもと同じ口紅をつけているとは思えないほどでした。食事の後はさすがに口紅を塗りなおしましたが、それでもしっとり感を一日中保つことができました。

 

もらい物で使い始めたのに、リピートしそうで怖いです(笑)

 

■唇の普段のお手入れは?

 

いくらロクシタンのリップバームが優秀とはいえ、普段からケアをするに越したことはないですよね?ということで、唇のケアの方法を調べてみました。

 

簡単にできる唇のパックについて。まずは唇に蒸しタオルを1分当てます。私はこの蒸しタオルを、レンジでチンして準備しました。

 

次に唇の中央から口角にかけて、ワセリンを塗りたくります。過剰なくらいの量を、そして唇をはみ出すくらいに塗ります。

 

最後にラップを唇にあて、3分間待ちます

 

この方法を試してみたのですが、すごくプルプルになりました。自分の唇ではないみたいです(笑)

 

毎日このパックをするは大変です。しかし、「めくれた皮を無理やり剥かない」「唇をなめない」「乾燥を防ぐために、こまめにリップ等を塗る」「リップ等を使うときは、柔らかくあてたり、縦ジワに沿って塗る」といったことを意識するだけでも、ケアになるようですね。

 

冬は乾燥で、夏は暑さでと唇の水分は一年中失われがちです。しかも乾燥していることがとても目立箇所なんですよね(笑)普段からのケアを意識すること、自分に合うリップアイテムを使うことで、ふっくらとして健康な唇を保ちたいものです。