白湯を飲み続けたらこんな効果がありました!飲み方のアレンジ方も紹介

白湯を飲み続けたらこんな効果がありました!飲み方のアレンジ方も紹介

以前、白湯(さゆ)を試してみたことを書きましたが、実はこっそり飲み続けていました。お風呂上りから寝るまでの間、一日400ml程度でしょうか。ほぼ毎日飲んでいたのですが、少し効果があったような…?今日は効果と、飲み方のアレンジ方を紹介したいと思います!

 

■白湯についてのおさらい

 

まずは、白湯の正しい作り方から。

 

やかんに水を入れて沸騰させます。沸騰したら火を止めずにやかんのふたを取り、湯気が上がるようにします。こうすることで、水道水のカルキや不純物が抜けるそうです。そして、沸騰したら火を弱め10分から15分沸かし続けるというのが正しい白湯の作り方です。

 

しかし、私は「電気ケトルで沸かすだけ」という楽な方法で作っています。この方法なら簡単なので、続けられると思ったんですよね(笑)ちなみに白湯の温度は、体温より少し高いくらいです。

 

白湯を飲むことによって、弱っていた内蔵機能が回復したり、デトックスや冷え性の
改善にもつながると言われています。体が温まり、基礎代謝があがるのでダイエット効果も期待でき、女性の強い味方と言ってもいい飲み物です。

 

■私はこんな効果がありました

 

1. 静電気が減った…気がする
人に触れたとき、戸棚に手を伸ばしたとき、とにかく頻繁に静電気を発生させていた私ですが、飲み始めて数日後くらいからは、あまり発生しなくなった気がします。体が以前より潤い始めたのかもしれません

 

2. 顔のべたつきが減った…気がする
食後は脂で顔がべったりだったのですが、飲み始める前ほどは気にならなくなりました。人のお肌って潤いが少なくなると、乾燥から守るために過剰に皮脂を分泌してしまうそうです。

 

1も2も私の体の水分不足が白湯を飲むことで改善されたのかも?と思っています。もう一つ。先日、長時間寒空の下にいたせいか、胃が冷えて痛くなってしまいました。家に帰った後、「効果があるかも?」と思って白湯を飲んでみたところ、痛みがだいぶ和らぎました。美容だけではなく、やっぱり健康にも良いんですね。

 

■飲み方のアレンジ

 

1. すりおろしたしょうがを入れる
2. はちみつを入れる
3. シナモンを入れる

 

はちみつは入れ過ぎるとダイエット効果は望めませんが(笑)どれか一つだけでもいいですし、全て入れてるのもいいと思います。ベースが白湯なので、あまり濃い味は感じられませんが、それも風味は良くなります。特にしょうがは口の中も温まりますし、食事にも合うと思いました。

 

体に良いからといって飲みすぎると、体に必要な成分まで流れてしまうそう。一日あたりの量は800ml程度が良いみたいですね。みなさんも自分なりのアレンジ方法を見つけて試してみて下さい。